高齢者財産管理・処分・承継専門の法律家団体

信託制度保障協会とは

  • HOME »
  • 信託制度保障協会とは

理念

日本の超高齢化に直面し、財産管理のニーズも多様化しているところ、これに応える制度として信託制度、とりわけ民事信託への期待が高まっています。

しかし、信託法に基づくスキームの組成は、信託制度上その自由度が非常に高いため、個別具体的な状況に合わせた、きめ細やかなスキームの設計、信託組成後の管理運営を適切に行う必要がございます。

一般社団法人 信託制度保障協会は、民事信託の組成・管理の適正化を支援し、超高齢化社会における個人の財産運営を活性化させ、ワンランク上のリーガルプロフェッショナルサービスを提供し、もって国民経済の発展に寄与することを目的としております。

事業ビジョン

想定される高年者バックアップ(資産管理等/リスク/デスケア)ネットワーク

医療機関、介護事業者、地域包括支援センターおよびケアマネジャーがクラウドで情報ネットワークを形成し、家族とともに心身を見守り、そのようなネットワークに金融機関(銀行・信用金庫・信用組合・証券会社・保険会社)と法律家(司法書士・行政書士・弁護士等)、そしてIT事業者(仮想通貨・電子契約・ブロックチェーン・人工知能等)が参加して、家族とともに財産を適正かつ超効率的に見守ります。

想定される高年者バックアップ(資産管理等/リスク/デスケア)


協会概要へ

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 信託制度保障協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.